ブログ

そろばん上手になるためには

私は野球が好きなのですが

野球の場合

①どれだけ遠くに飛ばせるか競う

②塁間ボール回しをどれだけ速くできるか

など他にもいろいろありますが、多くの部分でゲーム性を持たせて指導できます。

※そこから【どうすれば上手くできるのか】考えるきっかけを作る。

↑結局これが一番大事。

ここまでできれば、あとは見守り、的確なアドバイスと更なる目標を与え続けるだけです。

 

さて、そろばんならどうか?

もちろん解く速さを競うのは当たり前。

チーム戦・・・そりゃやります。

種目別・・・もちろんそれぞれ目標持ってやります。

百マス計算など、系統の似た問題・・・合間に少しやるかな?でも上達につながるのか?

 

同じ学習系の習い事でも、幅を持たせられないのはそろばんの苦手なところです。

練習に飽きてしまった場合、アプローチできることが少ないのです。

(普通の学習塾や、運動系部活ならいろんな科目や方法がありますしね。)

 

そのため、結局そろばんの場合、最強は地道にコツコツやれることだと思います。

 

こどもが自分から勉強するためにどうすれば良いのか?

を考えると、やはり楽しくあるべきです。

 

全ての生徒に【そろばんの楽しさ】を教えてあげられるようには

どうすればよいのか

日々、試行錯誤で頑張っています。